定番 マンホール 汚水 高い素材 雨水枡鉄蓋 呼称

マンホール 汚水・雨水枡鉄蓋 呼称

/core958063.html,sono-max.fr,マンホール 汚水・雨水枡鉄蓋 呼称,7840円,住まい・ペット・DIY , ガーデン・DIY・工具 , エクステリア・ガーデンファニチャー 7840円 マンホール 汚水・雨水枡鉄蓋 呼称 住まい・ペット・DIY ガーデン・DIY・工具 エクステリア・ガーデンファニチャー マンホール 汚水 高い素材 雨水枡鉄蓋 呼称 7840円 マンホール 汚水・雨水枡鉄蓋 呼称 住まい・ペット・DIY ガーデン・DIY・工具 エクステリア・ガーデンファニチャー /core958063.html,sono-max.fr,マンホール 汚水・雨水枡鉄蓋 呼称,7840円,住まい・ペット・DIY , ガーデン・DIY・工具 , エクステリア・ガーデンファニチャー マンホール 汚水 高い素材 雨水枡鉄蓋 呼称

7840円

マンホール 汚水・雨水枡鉄蓋 呼称

 

FC200
JIS G5501(ねずみ鋳鉄)
特長
鋳造性に優れたねずみ鋳鉄の一種「FC200」とは

FC200とは、ねずみ鋳鉄の一種でその中でも普通鋳鉄に属します。
FC200は、目的の形状に固める加工方法である鋳造性に優れている反面、
ほかの鋳鉄と比較すると脆弱性があります。
鋳鉄の加工には、ダイヤモンドホイールなどのダイヤモンド砥石が
多く使用されています。

切削性、摩擦に強く衝撃に強い
溶接加工には適していません。
FC200は、FCの鋳鉄の種類に中でも一般的な素材と言われています。
振動を吸収する能力が高いため熱の衝撃にも強い

用途

マンホールの蓋、軸受や歯車
ディーゼルエンジンのためのシリンダライナーやケーシング、
クランクケースや油圧機械用羽車にも使用されます。
比重が7.2〜7.3と鉄鋼の約7.8と比べて小さい

性質

FC200とは、引っ張りの強さの下限の値が200と定められている
材料で、普通鋳鉄品のひとつです。
FC200の硬度は、223以下とされています。黒鉛を含んでいるの
で、切削加工や研削加工がしやすい特徴があります。
FC200の強度は20kg/mm2以上、硬度は131〜223です。

化学成分 (元素記号)

炭素(C)を2.14〜6.67%
ケイ素(Si)を約1〜3%
マンガン(Mn) 0.80%以下
リン、燐( P)0.150%以下
硫黄(S)0.040%以下
チタン(Ti)0.10〜0.40%





JIS G5502(ダクタイル鋳鉄)
FCD500・FCD600・FCD700
特長(FC ねずみ鋳鉄と比較)
強さ:強い
脆性:ねばい
加工性:悪い
減衰率:低い
黒鉛形状:球状黒鉛

1. 適用範囲

この規格は,球状黒鉛鋳鉄品(以下,鋳鉄品という。)とその供試材について規定する。
備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。
なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC?Guide 21に基づき,IDT(一致している),MOD
(修正している),NEQ(同等でない)とする。
ISO 1083:1987 Spheroidal graphite cast iron−Classification (MOD)

2. 引用規格
次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。
これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。
JIS B 0403 鋳造品−寸法公差方式及び削り代方式?
JIS G 1211 鉄及び鋼−炭素定量方法
JIS G 1212 鉄及び鋼−けい素定量方法
JIS G 1213 鉄及び鋼中のマンガン定量方法
JIS G 1214 鉄及び鋼−りん定量方法
JIS G 1215 鉄及び鋼−硫黄定量方法
JIS G 1253 鉄及び鋼−スパーク放電発光分光分析方法
JIS G 1256 鉄及び鋼−蛍光X線分析方法
JIS G 1257 鉄及び鋼−原子吸光分析方法
JIS Z 2201 金属材料引張試験片
備考 ISO 6892 : 1984 Metallic materials−Tensile testingからの引用事項は,この規格の該当部分と
同等である。
JIS Z 2202 金属材料衝撃試験片
備考 ISO/DIS 148-1 : 1996 Metallic materials−Charpy impact test (V−notch and U−notch) からの
引用事項は,この規格の該当事項と同等である。
JIS Z 2241 金属材料引張試験方法
備考 ISO 6892:1984 Metallic?materials−Tensile?testingからの引用事項は,この規格の該当事項と
同等である。
JIS Z 2242 金属材料衝撃試験方法
備考 ISO 83:1976?Steel−Charpy?impact?test?(U−notch)及びISO 148:1983 Steel−Charpy
impact test(V−notch)からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。
JIS Z 2243 ブリネル硬さ試験−試験方法
備考 ISO/DIS 6506-1 : 1996 Metallic materials−Brinell hardness test−Part 1 : Test methodからの
引用事項は,この規格の該当事項と同等である。
ISO 945 Cast iron−Designation of microstructure of graphite

3、定義
この規格で用いる主な用語の定義は,次による。
a)別鋳込み供試材?鋳鉄品とは別個に,砂型を用いて,1バッチごとに鋳造する供試材。
b)本体付き供試材?鋳鉄品本体の所定の位置に,鋳鉄品と同種の鋳型を付着させ鋳造する供試材。

5. 化学成分
鋳鉄品は,特に必要がある場合12.4の試験を行い,その化学成分は,受渡当事者間の協定
による。

6、機械的性質
鋳鉄品は,12.5の試験を行い,その引張強さ,耐力,伸び及びシャルピー吸収エネルギ
ーは,表2及び表3による。ただし,耐力は,注文者の要求がある場合に適用する。
なお,参考として硬さの値及び主要基地組織を示す。

7、黒鉛球状化率
鋳鉄品は,12.6の試験を行い,その黒鉛球状化率は,特に注文者の指定がない場合80%
以上とする。

8、内部の健全性
鋳鉄品の内部には,使用上有害な鋳巣などがあってはならない。

9. 形状,寸法,寸法公差
削り代及び質量 鋳鉄品の形状及び寸法は,図面又は模型で指示するものと
し,寸法公差及び削り代は,特に注文者の指示がない場合JIS B 0403の球状黒鉛鋳鉄による。
鋳鉄品の質量は,受渡当事者間の協定による。

10. 外観
鋳鉄品の外観は,使用上有害なきず,鋳巣などがあってはならない。

11. 製造方法
鋳鉄品の製造方法は,次による。
a)鋳鉄品は,キュポラ,電気炉,その他の適切な炉によって溶解し,黒鉛を球状化するための処理を行
い,砂型又はこれと同等の熱拡散率をもつ鋳型に鋳造する。

12、試験
12.1 試験場所 試験場所は、通常当該製造所とする。




マンホール 汚水・雨水枡鉄蓋 呼称

お仕事をはじめる方はこちら▼

新規登録する

気になるリスト

すべて見る{{ num }}

注目のお仕事情報

    関東エリアのお仕事一覧

    大手・人気企業のおすすめお仕事情報

    リクルートスタッフィングの特徴

    来社不要、オンラインで
    すぐに登録完了
    MyPageにて
    リアルタイムに
    お仕事情報をお届け
    テレワークOKの
    お仕事も充実
    オンラインで受講できる
    無料の研修やセミナーを
    多数ご用意
    キャリアコンサルティングや
    疑問解消も
    オンラインでどこからでも

    • 福利厚生

      リクルート健康保険組合に加入いただくほか、無料の健康診断や、育児・介護休業など、充実の福利厚生。

    • フォロー体制・サポート

      コンシェルジュがお仕事探しの第一歩をサポート。就業中もお困りごとはチャットボットで気軽に質問。

    • 研修・キャリア支援

      オンラインで学べる研修や理想のワークスタイルに近づくためのキャリア支援であなたの成長をお手伝い。

    お仕事のご紹介には派遣登録が必要です。

    インフォメーション

    一覧ページを見る